徳島県立三好高等学校徳島県立三好高等学校 公式Webサイト
〒778-0020 徳島県三好市池田町州津大深田720
電話番号 0883-72-0805 ファクシミリ 0883-72-5019
E-mail miyoshi_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp
交通
案内
 

研究指定事業

最近の研究成果
2012/08/04

産学官連携実学モデル事業

| by:農業科
 
      「産学官連携実学モデル事業」研修報告

 8月3日(金),日本酒製造について学びを深めることを目的として,
 徳島県工業技術センターと有限会社齋藤酒造場で研修を行いました。
 徳島工業技術センターでは,岩田深也先生から,日本酒(清酒)の歴史や日本
 酒が世界に誇る高い技術で造られていることなどを教えていただきました。
 中国の「魏志倭人伝」の中に日本では,古代「卑弥呼の時代」にすでにお酒を
 嗜んでいたことが記録されていたことや,
 微生物基礎の授業で学んだ「パスツール」が発明した低温殺菌法と同じ技術が
 約300年前の日本では日本酒の「火入れ」技術として使われていたことなどに
 驚かされました。

  メモをとりながらお話を聞きました
  詳しく丁寧に説明していただきました                                                   

  午後は,清酒「御殿桜」の醸造元である齋藤酒造場(徳島市佐古7番町)に移動して
  行いました。齋藤尚武社長さんから清酒の造りの実際に使う道具のことや実際の商
  品(清酒・リキュール等),さらに酒粕の利用法などを御指導いただきました。
 
  実際に手にとって商品観察
 
  今回の研修を活かして,新商品を開発できたら最高です。
  ガンバリます

09:48 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2010/11/22

平成22年度サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)研究成果報告

| by:教員

 (独)科学技術振興機構「平成22年度サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)」の採択を受け,鳴門教育大学と連携して,講座『物質の状態変化を探究する』を実施し,温度変化する水の屈折率測定および塩化アンモニウムの結晶成長過程の顕微鏡観察を行いました。

活動の詳細は以下のとおりです。

日程:  1回目   8月23日(月)から24日(火) 1泊2日 
       2回目 10月30日(土)
     3回目 11月21日(日)

場所:  鳴門教育大学ほか

内容: (1) 温度変化する水の屈折率測定
             自作の実験装置を用いて,液体窒素で冷却しながら水の屈折率を測定しました。
             凝固する(氷になる)ときに,屈折率が急激に小さくなる現象を観察しました。

                 活動の様子   自作実験装置
   
            (2) 塩化アンモニウムの結晶成長過程の顕微鏡観察     
                低温保持装置付顕微鏡で,塩化アンモニウムの結晶が成長していく様子を観察しました。
                観察するときの温度によって,結晶の成長速度や結晶の形が異なることを見出しました。

               顕微鏡観察 大学の先生による講義

 また,次のコンクール,学会等で研究成果を発表し高い評価を得ました。


平成22年10月31日 県教育会館
 県教育委員会・県教育会主催 第67回科学経験発表会 高等学校の部 
  特選「塩化アンモニウムの結晶成長の顕微鏡観察」
  入選 「状態と温度によって変化する水の屈折率」

       発表会の様子 表彰式

平成22年11月5日
 読売新聞社主催 第54回日本学生科学賞県審査
  優秀賞・県教育長賞「結晶成長過程の顕微鏡観察」
  入賞・読売新聞社賞「水の屈折率の測定」


平成22年11月21日 鳴門地域地場産業振興センター
 (社)応用物理学会応用物理教育分科会主催 第21回物理教育に関するシンポジウム
 高校生による研究活動報告
       「塩化アンモニウムの結晶成長」                      「水の屈折率の温度変化」
               ←ポスター発表の様子→


09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2010/08/18

文部科学省指定 道徳教育実践研究事業

| by:教頭2
1 研究主題
  自信に満ちた明日を創るために
   ~さまざまな体験を通して人間性を高め,社会の一員として責任を果たし,
   自己実現を図ろうと する生徒の育成~
 
2 研究の概要
 (1)  生徒一人ひとりが活躍できる体験活動の場を数多く作りだし,これらの活動の中で成
  功体験を積ませることにより,自尊感情を高め,自信と誇りを持たせる。
 (2)  実社会で活躍する魅力的な人物の生き方にふれ,自己の在り方生き方,進路につい
  て考えさせる。
 (3) 異校種間の連携を深める活動をとおして,自己有用感を育て,人間関係構築力を育成
    する。
 (4) 各教科・科目で行う道徳教育の実践例をつくり出す。
 
3 本年度のおもな取組(予定)
  ・特色ある学びの推進と成果の発表    ・各種ボランティア活動
  ・異校種間の交流学習            ・講演会の開催とふりかえり学習
  ・「進路ノート」の活用             ・企業見学  
   ・教科・科目における関連指導        ・特色ある学校行事の推進
  ・道徳教育ホームルーム活動        ・全校集会や学年集会の活用
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

15:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2010/04/06

研究指定事業等

| by:Web担当者
  • 学校版環境ISO
  • 省電力の取組
  • 徳島県環境エネルギー教育支援事業
  • 道徳教育指定研究
  • 平成22年度三好市人権教育研究大会会場校
  • オンリーワンハイスクール事業
  • アルコール試験研究製造許可取得
  • 醸造試験研究許可取得


  • 17:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)